会長挨拶

  • ごあいさつ

    一般社団法人三条市スポーツ協会

    会長 野崎勝康

     日ごろから、一般社団法人三条市スポーツ協会の活動に対して、ご理解とご協力を賜り深く感謝申し上げます。
     当協会は、平成17年の市町村合併に伴い、旧三条市・旧栄町・旧下田村体育協会が合併し、平成17年7月に誕生いたしました。
     加盟団体は36団体(平成30年度現在)を数え、31種類の競技団体と5つの統括団体(スポーツ少年団など)で構成され、各団活発な活動をしております。平成20年度からは、市内スポーツ施設の施設管理事業を始め、平成27年度には「三条市総合型地域スポーツクラブりんぐる」と統合しスポーツクラブ運営も開始致しました。平成28年度には長年の夢であった法人化をさせ、平成30年度には一般社団法人三条市スポーツ協会として名称新たに活動しております。以上のように時代の流れと共に変化しながら三条市のスポーツ振興を支え続けております。
     「生活の中にスポーツを」を合言葉に、市民のスポーツ活動の普及からジュニア・シニア・指導者の育成など市内の様々なスポーツ活動を支援し推進しております。施設運営に関しても市民の皆様に満足頂けるように役員・職員一丸となって創意工夫した施設運営を心掛けております。
     このホームページを通して、我々の活動を少しでも認知して頂き、ご支援いただけると幸いです。今後共一般社団法人三条市スポーツ協会をよろしくお願い致します。

三条市体育協会から“三条市スポーツ協会”へ

名称変更趣旨

 「体育」とは、“physical education”の語訳で、戦後に新しく導入された教育科 目であり、現在でも、学校教育の中で教育科目として活用されております。一方「ス ポーツ」とは、「気晴らしをする、遊ぶ、楽しむ」を意味する「desport」から変化して現 在の「sport」に至ったと考えられおり、狩猟を意味する時代を経て、運動をルールに則っ て競技として行う、近代スポーツに発展致しました。そして現代でも、同様の意味を指す 言葉として一般化されております。
 しかし、スポーツという言葉の概念は、時代と共に変化しており、現代のスポーツは、 様々な形態があり一概に定義する事は困難ですが、私達の活動は、「三条市総合型地域スポ ーツクラブりんぐる」の活動を始めとした運動・スポーツ事業を通じて、「様々な意味を成 す広義のスポーツ」を推進する団体として存在しております。
 以上のように、私達の団体は、「体育」という名称よりも、活動実態に合った「スポーツ」 という名称の方が、適しており、より多くの皆様に認識して頂けると考えております。
 よって、平成29年度臨時総会(平成30年3月29日開催)の決議をもって「一般社 団法人 三条市体育協会」を平成30年4月1日付て「一般社団法人 三条市スポーツ協会」 と改称する事と致します。